メニュー

フィンペシアの効果

フィンペシアとは、AGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる医薬品『プロペシア』のジェネリック医薬品です。
フィンペシアにはプロペシア同様、5α-リダクターゼ阻害効果のある『フィナステリド』が配合されています。
フィナステリドとは、もとは前立腺肥大の治療薬として開発された成分です。
しかし、1mgの投与で抜け毛予防の効果が見られたことから、その後、脱毛症治療薬としての開発がスタートしました。そして1997年、FDA(アメリカ食品医薬品局)によって、正式にAGA(男性型脱毛症)治療薬として認められるに至りました。
そのフィナステリドを含有したフィンペシアには、AGAの主原因と言われる『ジヒドロテストステロン(DHT)』を抑制する効果があり、抜け毛や薄毛の改善に役立てられています。
AGAは、生え際が後退したり、頭頂部から薄毛になる症状が特徴的な男性に多い脱毛症です。
その原因は未だ解明されておらず、遺伝や生活習慣、ストレスなど、さまざまな要因が複雑に絡み合って発生すると言われています。
まだまだ謎の多いAGAですが、唯一、発症リスクとして確定しているのが『ジヒドロテストステロン(DHT)』です。
DHTは男性ホルモンの一種で、近年の研究では、DHTの血中濃度が高くなるとAGAの症状が進行することが判明しています。
フィンペシアは、このDHTの発生を抑制し、AGAの抜け毛を根本からブロックする効果を持っています。
と言っても、DHTそのものに働きかけるわけではありません。
DHTは男性ホルモン『テストステロン』と酵素『5α-リダクターゼ』が結びつくことによって生成されます。
フィンペシアの主成分『フィナステリド』は、この5α-リダクターゼの作用を阻害することによって、DHTの生成を防ぐのです。
AGAにおける抜け毛因子を直接阻害するので、その抜け毛予防効果は非常に高く、同程度の効果を持つプロペシアの臨床試験では、3年間の継続使用で98%の方に確かな効果があったと報告されています。
さらに、国内臨床試験では増毛効果も報告されており、同じく3年の継続使用で78%の方が頭髪の増毛を実感したというデータが記録されています。
フィンペシアは抜け毛の原因になる男性ホルモンを抑制する効果がありますので、AGA(男性型脱毛症)の方に効果的です。
しかし、その反対を言えば、男性ホルモンが関係している脱毛にしか効果を示しません。
フィンペシアを検討中の方はまず、自分の抜け毛の原因が男性型の脱毛かどうかを調べる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*