メニュー

フィンペシアの副作用

フィンペシアは、なだらかに効果を現してきます。
すぐに効果が現れないと言って、そこで服用を辞めてしまうと、せっかく現れ始めた効果まで無くなってしまい、脱毛の症状が再度進んでしまいます。
フィンペシアの報告からすると、服用年数が長くなる程、増毛効果が現れてくる結果があるので、とりあえずは半年は継続して治療をしてみて下さい。
また、フィンペシアは脱毛を抑制する治療薬なので、ミノキシジル配合の発毛剤と併用した方が効果があります。
ただ、フィンペシアは効果が高い育毛剤なので、副作用の心配もあります。使用中に異常を発見した場合は、服用を中止し専門医に相談して下さい。
フィンペシアの主成分『フィナステリド』は医薬品です。
そのため、他の医薬品と同様、副作用のリスクがまったくないとは言い切れません。
事実、フィンペシアと同じ成分を同量含んでいるプロペシアの臨床試験では、副作用の報告がいくつか寄せられています。
最も多い副作用の症状としては、性欲の減退や勃起不全、精子の減少など、性機能関連の異常が報告されています。
国内でプロペシアの販売を手がけている万有製薬によると、臨床試験における副作用発現率は全体の5.0%にのぼり、そのうちの実に2.9%が性機能に関する副作用となっています。
副作用発症率の半数以上を占めているので、フィナステリドによる副作用のほとんどが性機能関連の症状であると言えるでしょう。
一部例外としては、頭痛や胃部不快感などが挙げられています。
フィナステリド服用による性機能関連の副作用については、否定的な説も存在します。
その根拠は、フィナステリドが阻害するのは5α-リダクターゼおよびジヒドロテストステロン(DHT)であって、性欲を司るテストステロンではないというものです。
つまり、理論上ではフィナステリド服用による性機能関連の副作用は起こりえないということです。
実際、フィナステリド服用による性機能関連の副作用発症率はプラセボ(擬薬)服用時とほとんど変わらないことから、いわゆる『気のせい』ではないかとの説が浮上しています。
副作用の有無以前に、フィンペシアを服用すること自体が禁じられているケースもあります。
まず、女性は服用できません。さらに、男性であっても、未成年である場合は、同様に服用が禁じられています。
特に妊娠している女性の場合、皮膚から医薬成分が吸収されるリスクを考慮し、触れることすら禁忌事項とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*