メニュー

フィンペシアの入手方法

フィンペシアはインド製です。
製法特許は、プロペシアを開発した米国の製薬会社「メルク社」が有しています。
フィンペシアは一般に「プロペシアジェネリック」という呼ばれ方をしていますが、ジェネリックとは特許切れの医薬品に対して使うため、現在プロペシアの特許がまだ有効なので、厳密にはジェネリックではありません。
しかし、インドでは2005年までは医療品を含む化学品に物質特許が付与されませんでした。
そこでプロペシアの主成分『フィナステリド』を使用した別名の医薬品を作ることが可能なのです。
つまり、インドでは『プロペシアのジェネリック』を作ることは違法ではないのです。
プロペシアのジェネリック医薬品ではないのですが、『別名である』『効果がほぼ同じ』『先発品より安価』という意味では、プロペシアのジェネリック医薬品であると言うことができるでしょう。
フィンペシアはプロペシアと異なり、日本国内で正式な認可を受けていないため、医療機関で処方を受けることは不可能となっています。
そのため、今のところフィンペシアを入手するには、海外から調達してくる必要があります。
と言っても、現在は海外の医薬品を輸入し、日本国内で販売している個人輸入代行業者がいくつかあるので、比較的容易に購入することができます。
個人輸入代行業者とは、個人輸入にかかわる手続きの代行を行う業者のことで、商品の注文から支払い、通関、配送などの手配を担っています。
日本国内で販売されていない商品を購入するには、個人輸入代行業者の利用が大変便利です。
近年ではインターネットの普及により、オンライン上で注文を受け付ける業者も多く、自宅にいながらにしてフィンペシアを購入することができるようになっています。
フィンペシアの購入には多くの人が個人輸入代行業者を利用していますが、購入にあたり、注意しなければならない点もいくつかあります。
近年ではオンラインショッピングが人気を集めていることから、ネット上における個人輸入代行業者の数も年々増加している傾向にあります。
そのため、業者も千差万別で、価格もそれぞれまちまちになっています。
フィンペシアの相場は1錠あたり100円前後が目安ですが、安いところと高いところではかなりの差が出てきます。
特にまとめ買いすると1錠あたりの単価が下がるところもありますので、業者を選ぶ時はいくつか比較検討してみるとよいでしょう。
ただし、値段ばかりで選ぶと、最悪の場合偽物をつかまされるおそれもあります。
そのため、業者選びは下調べを入念に行い、なるべく信頼性の高いところを選ぶのがポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*