メニュー

フィンペシアとは

フィンペシア(finpecia)とは、インドのシプラ社の製品で、男性型脱毛症の治療薬として高い評価を得ているプロペシアのジェネリック医薬品として販売されている飲む育毛剤のことです。フィンペシアはプロペシアと同様の効果があり、男性型脱毛症の治療薬として高い評価を得ているフィナステリドといった成分を主成分とした育毛剤です。※厳密には、日本名のプロペシアの特許は切れていないので類似品ということになるようです。
プロペシアは、世界初の飲むタイプの発毛剤として世界60カ国で大ヒット(一般名:フィナステリド)。
男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロン(Testosterone)が5α-リダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロン(Dihydrotestosterone=DHT)というホルモンに変わり、このジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを抑えるタンパク質を作ることによって起こります。プロペシアの薬効成分であるフィナステリド(Finasteride)は5α-リダクターゼTypeIIの働きを抑え、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを阻害する働きがあります。
大正製薬から発売されている「リアップ」の主成分ミノキシジルが、頭皮の血管を拡張して発毛を促すのとは作用の構造が違い、プロペシアは毛母細胞を攻撃する物質ができるのを阻害します。
塗るタイプのミノキシジルと飲むタイプのフィナステリドでは、作用のメカニズムが違うため併用も可能です。
プロペシアは男性型脱毛症の治療薬です。
男性型脱毛症とは、毛髪が細く短くなる典型的な症状です。この結果、生え際が後退したり(M字型)、頭頂部が薄くなり(O型)地肌が露出するという結果をもたらします。
この現象は通常20才代で始まり、年齢とともに多くの人に見られるようになります。
脱毛は遺伝的要因とDHTホルモンの複合的作用によって引き起こされると考えられています。
また、プロペシアは「O型」だけでなく、生え際が薄い「M字型」の治療にも使用されています。
フィナステリドという成分には男性型脱毛症の原因とも言われる男性ホルモンの発生を阻害する働きがあります。プロペシアの男性型脱毛症の治療効果では高い実績を誇っていますが、デメリットは価格が高い点です。そこで今話題となっているのがプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアです。
フィンペシアはプロペシア同様の効果が期待でき、更に低価格で購入することができることから、脱毛症で悩んでいる男性にとってこれほど魅力的な育毛剤はないようです。プロペシアで男性型脱毛治療を始めてみたいけど、経済面でネックになっている人はフィンペシアでの治療を考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*